建設業、年次有給取得率~5年連続上昇

こんにちは。
青森県弘前市の社会保険労務士、香取です。
本日は、建設業、年次有給取得率~5年連続上昇について説明します。

◎厚労省の就労条件調査~全企業とはなお開き

・厚生労働省の2020年就労条件総合調査によると、建設業の労働者1人平均の年次有給休暇取得率は前年度から1.6ポイント上昇し44.9%となった。5年連続で上昇している。ただ、全産業の平均56.3%よりは11.4ポイントの開きがあり、調査対象となった16業種の中では宿泊・飲食サービス業、卸売・小売業に次いで3番目に低かった。
・同調査は、主要産業における企業の労働時間制度や賃金制度の把握が目的。1月1日時点の常用労働者30人以上の企業が対象で4191社から回答を得た。
・労働者1人平均の年次有給休暇の取得状況を見ると、全産業平均では15年比で取得率が8.7ポイント改善し、1984年以降で最高となった。
・建設業も継続的に上昇しているものの、取得率の伸びは6.8ポイントにとどまり、全産業平均との差が開いた。過去との比較では、45.2%を記録した93年以来の高水準。建設業の労働者1人平均の年次有給の取得日数は8日、付与日数は17.9日だった。
・全産業の状況を見ると、労使協定により前もって休暇取得日を割り振る「年次有給休暇の計画的付与制度」を定めている企業は43.2%で、前年調査(22.2%)から21ポイントの大幅アップ。付与日数は5~6日が66.6%で最も多かった。
・また、主な週休性の形態については、完全週休2日制を採用している企業が44.9%を占め、前年調査から0.6ポイント上昇した。1000人以上の企業では完全週休2日制が65.8%を占めた一方で、99人以下の企業では41.4%にとどまった。回答した企業全体の82.5%は部分的に週休2日を取り入れており、99人以下の企業でも81.4%は月に1回以上を週休2日としていた。

◇香取社労士からひと言

●建設業では、現場の進捗により監督さんが休めないなどの状況があります。就業規則を整備して、代休や振り替え休日の規定をきちんと作っておく必要があります。
●有給休暇についても、5日の取得が義務付けられています。建設業では、日給月給制度が多くある状況ですが、有給休暇について、社員に説明をして今後制度化して取得を促進する必要があります。
●香取社労士は、建設業関連業界に長くおりましたので、安心してご相談ください。
●対応エリアは、弘前市・黒石市・平川市・青森市・五所川原市・つがる市・藤崎町・大鰐町・板柳町・鶴田町・中泊町・鰺ヶ沢町・深浦町・田舎館村・西目屋村など津軽一円です。

本日はここまでとします。
次回のご訪問お待ちしております。

2020/11/23

社労士のお役立ちブログ

無料相談・お問い合わせ

〒036-8064 青森県弘前市大字東城北3丁目1番地8 

対応エリア

弘前市及び津軽一円

  • 弘前市
  • 黒石市
  • 平川市
  • 青森市
  • 五所川原市
  • つがる市
  • 藤崎町
  • 大鰐町
  • 板柳町
  • 鶴田町
  • 鰺ヶ沢町
  • 深浦町
  • 中泊町
  • 田舎館村
  • 西目屋村

※上記以外の地域も相談に応じます。お気軽に問い合わせ、相談ください。

香取社会保険労務士事務所

  • 就業規則作成

    会社を守る就業規則を作りましょう。

    詳しくはこちら
  • 助成金申請返済不要のお金

    助成金申請代行業務からコンサルティング業務に至るまで、ワンストップにてご提供させていただきます。

    詳しくはこちら
  • 障害年金サポート

    障害年金や障害手当金の申請をサポート致します。

    詳しくはこちら
  • 顧問契約

    社労士と顧問契約を結ぶことで、人事や労務問題に関しての失敗を未然に防ぐことができます。

    詳しくはこちら

社労士ブログ

  • 労働条件・労働契約の意義(同一労働同一賃金)

  • 採用に関する問題~労働契約

  • 就業規則の運用~社労士のするアドバイスとは

  • 雇用環境の激変~就業規則・整備の重要性