子供のころから障害がある場合は?

こんにちは。
青森県弘前市の社会保険労務士、香取です。

本日は、子供のころから障害がある場合は?について説明します。

◎20歳前障害の場合は所得制限あり

・初診日に加入していた年金制度によって受給できる障害年金の額は変わりますが、初診日が20歳よりも前で、どの制度にも加入していない場合はどうなるでしょう。たとえば、生まれつきの病気や障害、20歳より前にかかった病気や事故で負った怪我などがもとで障害が残った場合です。障害のために働くことができず、成人しても保険料を納めていないというケースもあります。20歳になるまでは特別児童扶養手当、障害児扶養手当などがありますが、20歳を過ぎたらどうなるのか・・・・・と心配されている方もいるでしょう。

◇この場合は、「20歳前障害基礎年金」として請求することができます。

・20歳前障害の障害認定日は、「初診日から1年6か月経過した日」または「20歳になった日」の遅いほうです。たとえば、5歳のときに初診日がある場合、障害認定日は20歳の誕生日です。19歳5か月に初診日がある場合は、障害認定日は20歳と11カ月の日となり、傷害の程度が障害等級に当てはまれば請求可能。医師に障害認定日前後3か月以内の診断書を作成してもらいます。子供のころのカルテがあるうちに受診状況等証明書をもらっておくと、20歳前障害の初診日証明がスムーズです。
・また、20歳前障害では保険料納付要件は不要ですが、所得制限が設けられています。所得額が、2人世帯で398万4000円を超える場合は年金額の2分の1相当額に限って支給停止、500万1000円を超える場合は全額支給停止とする2段階制になっています。なお、世帯人数が増加した場合は、扶養家族1人につき所得制限額に加算がつきます。

◇日頃、これだけはやっておこう

●定期的に健康診断を受け、健診結果は保管しておく
●体調に違和感を覚えたらなるべく早く受診する
●すぐに受診できない場合は、症状の経過を記録しておく
●医療機関(病院・薬局など)の領収書は、確定申告が終わっても控えを保管
●病院へ行ったら、必ず手帳や日記などに記録を残しておく
(医療機関名・受診日・担当医の名前・診断名など)
●お薬手帳、糖尿病手帳、診察券などを保管
(転居・転院で行かなくなった医療機関のものも)
●経済的な事情で年金保険料を納めるのが難しいときは、「未納」にはせず、免除や納付特例を申請
●学生時代の通信簿を保管しておく
●アルバム、第三者等から送られた手紙を保管しておく

本日はここまでとします。次回に続きます。
またのご訪問お待ちしております。

2019/7/23

社労士のお役立ちブログ

無料相談・お問い合わせ

〒036-8064 青森県弘前市大字東城北3丁目1番地8 

対応エリア

弘前市及び津軽一円

  • 弘前市
  • 黒石市
  • 平川市
  • 青森市
  • 五所川原市
  • つがる市
  • 藤崎町
  • 板柳町
  • 鶴田町
  • 鰺ヶ沢町
  • 深浦町
  • 中泊町
  • 田舎館村
  • 西目屋村

※上記以外の地域も相談に応じます。お気軽に問い合わせ、相談ください。

香取社会保険労務士事務所

  • 就業規則作成

    会社を守る就業規則を作りましょう。

    詳しくはこちら
  • 助成金申請返済不要のお金

    助成金申請代行業務からコンサルティング業務に至るまで、ワンストップにてご提供させていただきます。

    詳しくはこちら
  • 障害年金サポート

    障害年金や障害手当金の申請をサポート致します。

    詳しくはこちら
  • 顧問契約

    社労士と顧問契約を結ぶことで、人事や労務問題に関しての失敗を未然に防ぐことができます。

    詳しくはこちら

社労士ブログ

  • 労働条件・労働契約の意義(同一労働同一賃金)

  • 採用に関する問題~労働契約

  • 就業規則の運用~社労士のするアドバイスとは

  • 雇用環境の激変~就業規則・整備の重要性