時効の5年を過ぎたら、もう請求できないの?~障害年金・請求

こんにちは。
青森県弘前市の社会保険労務士、香取です。

本日は、時効の5年を過ぎたら、もう請求できないの?~障害年金・請求について説明します。

◎受給権に時効はない

・「障害年金の時効は5年」とだけ聞くと、「自分は障害認定日からすでに5年以上たっているから、もう請求できないのか・・・・・」と断念する人が少なくありません。しかし、5年で時効となるのは支分権、すなわち「決まった支払時期に、お金として支払われる権利」だけで、「障害年金を受給する権利」(基本権)に時効はないのです。したがって、5年以上経過してしまった分の年金は受け取れませんが、請求自体は可能ですし、遡及請求が認められれば直近の5年分の年金はもらえます。
・事後重症請求となった場合でも、その時点からの年金が受け取れます。請求時期は早いのに越したことはありませんが、時間が経っていてもあきらめず、可能性を探ってほしいと思います。
・ちなみに、障害認定日から7年近く経過していたものの、障害厚生年金1級の遡及請求が認められて、過去5年分の年金を一時金(約1,000万円)で受け取れた方もいます(2年分は時効で消滅)。交通事故で障害の状態になりましたが、この一時金で自宅を改築してバリアフリー化できたそうです。
・支給額が一番低い障害基礎年金(国民年金)の2級の場合でも、5年分を遡及請求できれば約400万円(1年分で約80万円)になります。
・医師から労働不能と診断されても、生活への不安から、体調が悪いのを我慢して働くことを選択せざるを得ない人もいます。無理をした結果、寝込んでしまうことも珍しくありません。遡及請求が認められると、数十万円から数百万円の一時金を受けることができ、無理して働く以外に「治療に専念する」という選択肢が増えるかもしれません。

◇ポイント

●遡及請求は、障害認定日から請求日時点までの全期間をさかのぼります。支分権の時効により、過去分から受給できるのは5年分のみですが、これは「5年前にさかのぼる」という意味ではありません。そのため、原則、障害認定日から3か月以内の診断書が必要になるのです。また、障害認定日時点では障害状態に該当しておらず、障害認定日後から請求日時点のあいだに障害状態となった場合も、その「障害状態となった日」にさかのぼることはできません。

◇香取社労士から一言

●遡及請求できるか、請求を迷っている方は一度ご相談下さい(初回無料にて対応しております。)
●障害年金の受給は、治療に専念できる、労働を軽減して長く働く環境を作る。・・・などなどメリットがたくさんあります。

本日はここまでとします。次回に続きます。
またのご訪問お待ちしております。

2019/9/10

社労士のお役立ちブログ

無料相談・お問い合わせ

〒036-8064 青森県弘前市大字東城北3丁目1番地8 

対応エリア

弘前市及び津軽一円

  • 弘前市
  • 黒石市
  • 平川市
  • 青森市
  • 五所川原市
  • つがる市
  • 藤崎町
  • 板柳町
  • 鶴田町
  • 鰺ヶ沢町
  • 深浦町
  • 中泊町
  • 田舎館村
  • 西目屋村

※上記以外の地域も相談に応じます。お気軽に問い合わせ、相談ください。

香取社会保険労務士事務所

  • 就業規則作成

    会社を守る就業規則を作りましょう。

    詳しくはこちら
  • 助成金申請返済不要のお金

    助成金申請代行業務からコンサルティング業務に至るまで、ワンストップにてご提供させていただきます。

    詳しくはこちら
  • 障害年金サポート

    障害年金や障害手当金の申請をサポート致します。

    詳しくはこちら
  • 顧問契約

    社労士と顧問契約を結ぶことで、人事や労務問題に関しての失敗を未然に防ぐことができます。

    詳しくはこちら

社労士ブログ

  • 労働条件・労働契約の意義(同一労働同一賃金)

  • 採用に関する問題~労働契約

  • 就業規則の運用~社労士のするアドバイスとは

  • 雇用環境の激変~就業規則・整備の重要性