遡及請求の可能性を高める追加資料!

こんにちは。
青森県弘前市の社会保険労務士、香取です。

本日は、遡及請求の可能性を高める追加資料の添付について説明します。

◎原則、書類審査です。

・障害年金は、原則、書類審査です。障害年金の請求手続きでは、「診断書」や「病歴・就労状況等申立書」といった書類を作成して提出します。そして、これらの記載内容が、本人の日常生活状況や就労状況を十分に反映しているかどうかは、とても重要なポイントです。特に遡及請求を行う場合は、障害認定日時点および請求時までのあいだの日常生活状況や就労状況について、病歴・就労状況等申立書に詳細に記載することが、障害等級に影響してきます。
・しかし、実際のところは、診断書や病歴・就労状況等申立書だけでは、認定する側に本人の日常生活や就労の様子を伝えきれないことがあります。そのような場合は、証拠・立証書類としての追加資料を添付することもあります。

◇給与明細書

・たとえば、年次有給休暇を取得していれば、欠勤があっても給与は「満額支給」されます。また、遅刻・早退の回数が多くても、毎日出勤していれば出勤日数は「全日勤務」です。書類上は、障害認定日の時点および請求時までのあいだ、本人は1日も休まず、給与を満額受け取ったことになりますが、実際には、毎日元気に働ていたわけではありません。こうしたケースの時、私は
障害年金請求時に「給与明細書」を添付して、「年次有給休暇の取得日数」や、「遅刻・早退の回数」を申し立て、遡及の可能性を主張するようにしています。

◇休職時の診断書

・また、休職をしていた場合は、病歴・就労状況等申立書に「休職期間」や「休職時期」などを記載し、休職願の際に会社に提出した医師の診断書などを証拠・立証書類として添付し、申立てていきます。

・障害年金の請求手続きにおいて、添付書類に制限はありません。証拠・立証書類となる客観的な資料があれば、添付するとよいでしょう。資料としては、

●給与明細書
●学生時代の通信簿(出席日数や教師による記述)
●職場の勤務記録・・・などがあります

◇香取社労士から一言

●遡及請求が認められるためには、診断書や病歴・就労状況等申立書を補足して立証していくことが必要になる場合があります。
●障害認定日時点から請求時までの期間(日常生活状況・就労状況)。
●診断書や病歴・就労状況等申立書で十分に認定する側に伝わらなければいけません。
●客観的に立証できる書類は添付することの検討をしましょう。

本日はここまでとします。次回に続きます。
またのご訪問お待ちしております。

2019/6/18

社労士のお役立ちブログ

無料相談・お問い合わせ

〒036-8064 青森県弘前市大字東城北3丁目1番地8 

対応エリア

弘前市及び津軽一円

  • 弘前市
  • 黒石市
  • 平川市
  • 青森市
  • 五所川原市
  • つがる市
  • 藤崎町
  • 板柳町
  • 鶴田町
  • 鰺ヶ沢町
  • 深浦町
  • 中泊町
  • 田舎館村
  • 西目屋村

※上記以外の地域も相談に応じます。お気軽に問い合わせ、相談ください。

香取社会保険労務士事務所

  • 就業規則作成

    会社を守る就業規則を作りましょう。

    詳しくはこちら
  • 助成金申請返済不要のお金

    助成金申請代行業務からコンサルティング業務に至るまで、ワンストップにてご提供させていただきます。

    詳しくはこちら
  • 障害年金サポート

    障害年金や障害手当金の申請をサポート致します。

    詳しくはこちら
  • 顧問契約

    社労士と顧問契約を結ぶことで、人事や労務問題に関しての失敗を未然に防ぐことができます。

    詳しくはこちら

社労士ブログ

  • 労働条件・労働契約の意義(同一労働同一賃金)

  • 採用に関する問題~労働契約

  • 就業規則の運用~社労士のするアドバイスとは

  • 雇用環境の激変~就業規則・整備の重要性