精神の障害についての認定基準

こんにちは。
青森県弘前市の社会保険労務士、香取です。

本日は、精神の障害の認定基準について説明します。

・精神の障害については、障害認定基準中、「第3 障害認定に当たっての基準」「第1章 障害等級認定基準」の第8節として掲載されています。すでに述べた通り、障害等級は、請求人の障害状態について診断書の記述を中心に確認し、これを障害認定基準に照らし合わせて決定されますので、精神の障害にかかる障害年金請求を行う上では、記述内容について十分に理解しておく必要があります。

◎認定基準

・精神の障害の程度は、その原因、諸症状、治療及びその病状の経過、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定するものとし、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの、及び労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するものを3級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すものを障害手当金に該当するものと認定する。
・精神の障害は、多種であり、かつ、その症状は同一原因であっても多様である。
・したがって、認定に当たっては具体的な日常生活状況等の生活上の困難を判断するとともに、その原因及び経過を考慮する。

・例えば肢体の障害であれば関節の可動域、腎臓・心臓などの内臓疾患による障害であれば血液検査数値・心電図等の客観的な数値により障害の程度を明確に示すことができますが、精神の障害はそうできないのが大きな特徴です。認定基準では、令別表を掲載して、その説明を行っていますが、精神の障害については、「日常生活で自分で自分の用事を行えるか」が等級を判定する際の基準になります。
・さらに、「認定に当たっては具体的な日常生活状況等の生活上の困難を判断するとともに、その原因及び経過を考慮する」と記述されており、精神の障害では、日常生活の状況が極めて重要視されているといえます。このことは、精神の障害用の診断書において、裏面の半分以上が「日常生活状況」を記載する欄で占められていることからも明らかです。
・したがって、障害等級の認定の際には、「認定する側が請求人の日常生活の状況をどのようにして判断するか」がポイントとなります。実際に請求人に会う等の実地調査もできることにはなっていますが、現状、書類審査のみで認定しているのが実態です。
・審査に当たって特に重要視されるのは、診断書です。「請求人の申立て(病歴・就労状況等申立書の記載等)が重要視される」と言う人もいますが、私の感覚として、決してそのようなことはありません。請求人の申立てよりも、第三者でありかつ国家資格により傷病の診察治療に当たる医師の書く診断書の方が、圧倒的に信頼され重要視されていることは間違いないと思います。よって、診断書の記載事項と、認定基準・認定要領の関連性を理解しておくことも大切です。

◎認定要領

・認定要領は、認定基準に基づいて、実際に等級を決定するために具体的な例示等も挙げて記述されています。実務的には、認定要領がより具体的で、実践的です。なお、認定要領に基づき判断するための材料は診断書に求められていますので、診断書と認定要領とを見比べながら、記載内容の関連について、どのような仕組みになっているかを読み取ることが重要です。
・認定要領では、精神の障害について、「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」「気分(感情)障害」「症状性を含む器質性精神障害」「てんかん」「知的障害」「発達障害」の6つに区分しています。認定要領の記述は、これらを次の5つに分類して行われています。

A) 統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害及び気分(感情)障害
B) てんかん
C) 症状性を含む器質性精神障害
D) 知的障害
E) 発達障害

◇香取社労士から一言

●傷病ごとに、特徴的な症状があります。現れる症状により、日常生活の制限の程度や内容が異なってくるので、傷病ごとの特徴的な症状をあらかじめ学んでおくことで、支援の幅の広がりや質の充実を図ることができます。
●精神の障害は、1人1人違います。日常生活で困っている、仕事が思うように出来ない場合等はお気軽にご相談ください。初回については、無料にて相談に対応しております。
●香取社会保険労務士事務所での、うつ病・双極性障害・発達障害等の障害年金のサポートエリアは、弘前市・平川市・黒石市・五所川原市ほか津軽一円です。

本日はここまでとします。次回に続きます。
またのご訪問お待ちしております。

2019/3/26

社労士のお役立ちブログ

無料相談・お問い合わせ

〒036-8064 青森県弘前市大字東城北3丁目1番地8 

対応エリア

弘前市及び津軽一円

  • 弘前市
  • 黒石市
  • 平川市
  • 青森市
  • 五所川原市
  • つがる市
  • 藤崎町
  • 板柳町
  • 鶴田町
  • 鰺ヶ沢町
  • 深浦町
  • 中泊町
  • 田舎館村
  • 西目屋村

※上記以外の地域も相談に応じます。お気軽に問い合わせ、相談ください。

香取社会保険労務士事務所

  • 就業規則作成

    会社を守る就業規則を作りましょう。

    詳しくはこちら
  • 助成金申請返済不要のお金

    助成金申請代行業務からコンサルティング業務に至るまで、ワンストップにてご提供させていただきます。

    詳しくはこちら
  • 障害年金サポート

    障害年金や障害手当金の申請をサポート致します。

    詳しくはこちら
  • 顧問契約

    社労士と顧問契約を結ぶことで、人事や労務問題に関しての失敗を未然に防ぐことができます。

    詳しくはこちら

社労士ブログ

  • 就業規則の運用~社労士のするアドバイスとは

  • 雇用環境の激変~就業規則・整備の重要性