就業規則は「転ばぬ先の杖」

就業規則作成

会社を守る就業規則は「転ばぬ先の杖」

就業規則は「転ばぬ先の杖」です。「何かが起こってからでは遅い」を防ぐための就業規則です

「ウチの会社は従業員との関係が良好だから大丈夫」という会社でも、今後も問題が起こらないとは言えないものではないでしょうか。

  • たった一つの従業員とのトラブル
  • たった一つの法律上の不備

自分の仕事はさておき、権利主張する従業員が増加していると感じませんか?

実際にトラブルになった際には、従業員は労働基準法という法律で保護されていますが、会社を守る法律はないのです。唯一の会社を守る手段は「就業規則」です。

就業規則は本来は、「会社が定めたルールに従い、労使ともに業務を適正に遂行する」という役割りのものです。しかし最近はトラブルを未然に防ぐ、または問題が起きた際に活用するという意味合いで作る会社が増えています。

労働相談の件数は年々増えています

厚生労働省の発表によると、全国の労働相談の件数は年々増えています。

平成22年度では全国で113万件ほど、労働相談が寄せられているようです。

これは労働者の権利意識の高まりと関連していると考えられます。

終身雇用を前提とした正社員を中心とする高度経済成長期の日本では、従業員は家族と同様であり、多少の問題があっても終身雇用という身元保証があったため、従業員が会社に対する権利を主張するようなことはしないで済ましていた部分もあります。

しかし、現在は雇用が不安定な非正規雇用(パートや派遣社員)が増え、終身雇用制度は崩壊しています。

一般的に、非正規雇用の従業員は正社員に比べて会社に対する忠誠心が低い傾向にあり、自分の権利を守ることを優先する傾向にあります。

このような状況では、会社経営の命取りになるような可能性が多々あります。

確かな予防策である「就業規則」を作成しておくことが、企業経営には絶対に必要です。

従業員のためにも「就業規則」は末永い会社経営の味方となるのです。

料金

スポット契約の場合 顧問契約がある場合
1.就業規則の新規作成及び全面改訂※ 200,000円~ 150,000円~
2.就業規則の変更 50,000円~ 20,000円~(軽微なものは無料)

※本則、パート規則、定年後再雇用規程、賃金規程、育児介護休業等規程を含む。
(消費税別途)

無料相談・お問い合わせ

〒036-8064 青森県弘前市大字東城北3丁目1番地8 

対応エリア

弘前市及び津軽一円

  • 弘前市
  • 黒石市
  • 平川市
  • 青森市
  • 五所川原市
  • つがる市
  • 藤崎町
  • 板柳町
  • 鶴田町
  • 鰺ヶ沢町
  • 深浦町
  • 中泊町
  • 田舎館村
  • 西目屋村

※上記以外の地域も相談に応じます。お気軽に問い合わせ、相談ください。

香取社会保険労務士事務所

  • 就業規則作成

    会社を守る就業規則を作りましょう。

    詳しくはこちら
  • 助成金申請返済不要のお金

    助成金申請代行業務からコンサルティング業務に至るまで、ワンストップにてご提供させていただきます。

    詳しくはこちら
  • 障害年金サポート

    障害年金や障害手当金の申請をサポート致します。

    詳しくはこちら
  • 顧問契約

    社労士と顧問契約を結ぶことで、人事や労務問題に関しての失敗を未然に防ぐことができます。

    詳しくはこちら

社労士のお役立ちブログ